販売魚種

販売魚種

安全で安心な品質が評価され、世界中から需要が高まっています。

※近大マグロ、近大マダイ、近大クエ、近大ブリは近畿大学の登録商標です。
※近大マグロ(クロマグロ)、シマアジ、近大クエ(クエ)、カンパチ、ヒラメ、トラフグ、イシダイ、イサキは、近畿大学が世界で初めて人工ふ化に成功した魚種です。

 

販売魚種一覧

近大マグロ


脂がよく乗り、身色が鮮やかな近大マグロは、多くの方々からご好評をいただいております。

詳細を見る

近大クエ


近大クエは、紀州で生まれて温暖な鹿児島県奄美大島で育ち、そして白浜へ戻り出荷されます。

詳細を見る

ヒラメ


透き通った身が美しく、白身魚の代表として人気があります。

詳細を見る

イシダイ


強い歯と顎をもっており、天然ではウニやフジツボなどを好んで食べます。

詳細を見る

近大マダイ


近畿大学独自の40年にわたる品種改良により、色・姿・味ともに優秀です。

詳細を見る

カンパチ


身質がきめ細かく、ほどよい脂がのっています。刺身に向いており、高い評価を得ております。

詳細を見る

トラフグ


淡白ながら旨みがあり、刺身や鍋物として人気があります。

詳細を見る

イサキ


近畿大学では1999年(平成11年)から継代飼育している完全養殖魚です。

詳細を見る

シマアジ


刺身・鮨ネタ・塩焼きなどに使われる高級魚で、濃厚な旨みがあります。

詳細を見る

近大ブリ


天然の稚魚からの養殖でなく、卵から飼育履歴が明確な人工生産の稚魚からの養殖魚です。

詳細を見る

チョウザメ(キャビア)


1995年からベステル種を飼育し、キャビアを生産しています。

詳細を見る

エゾアワビ


成長のペースは1年にわずか2センチです。お刺身、素焼き、ステーキに。

詳細を見る