お知らせ

2018年7月20日「近大マグロせんべい」新発売

「近大マグロせんべい」は近大マグロを解体する際にこれまで廃棄されていた「内臓(モツ)」「すき身」などの可食部位を原料とし、近大マグロならではのさらなる資源保護を実現します。近大マグロの旨味に加えて、醤油発祥の地である和歌山県の「湯浅醤油」を使用することで、風味豊かなせんべいに仕上がっており、大阪・銀座の店舗の他、和歌山県のお土産店舗、当ショッピングサイトでお買い求めいただけます。「近畿大学のニュースリリース」

関連記事一覧

検索

最近の投稿